成長ホルモン

成長ホルモンとは

子供の時に身長が伸び悩んで、大人になって低身長で悩んでいる人はたくさんいます。自分の子供には同じ悩みを持たせたくないと考えているのなら、身長を伸ばす方法について十分理解しておく必要があります。

 

身長を伸ばす方法を考える時には、成長の仕組みを理解しなくてはなりません。成長ホルモンによって、骨が成長します。骨には骨端線と呼ばれる部分があり、これが骨を伸ばしていきます。成長ホルモンはこの骨端線の働きを促進する効果があるのです。身長を伸ばすと言うことは成長ホルモンの働きを高めることです。病気などで身長の伸びが期待できない子供の治療として、成長ホルモンの注射が行われることがあります。これは成長ホルモンの分泌ができなくなっている場合に有効になるようです。

 

成長ホルモンがないと身長が伸びないということです。最近では、成長ホルモンの代わりにサプリメントなどを服用することもできます。子供向けのサプリメントで身長を伸ばそうということです。サプリメントの場合は成長ホルモンを直接取り込むのではなく、成長ホルモンの分泌を促進させるだけです。

 

身長を伸ばす方法は成長ホルモンの分泌を促進して、かつその働きを高めることにあります。睡眠や運動は成長ホルモンの分泌を促進しますし、たんぱく質やカルシウムは成長ホルモンの働きを高めてくれます。身長を伸ばすためには成長ホルモンが欠かせませんが、それ以外の要素も大きいと言うことを知っておく必要があります。