身長が伸びる仕組み

身長が伸びる仕組みとは

身長はどうして伸びるのでしょうか?人は自然と身長が伸びていきますが、それは成長期と呼ばれている10代までの頃の話です。大人になってからは、成長期と同じような身長の伸びを期待することはできません。しかし、身長を伸ばしたいと思う時には、身長が伸びる仕組みを理解しておくことは重要です。ここで、身長が伸びる仕組みについて紹介します。

 

身長が伸びるのは骨が伸びるためです。骨の仕組みは大人と子供では違いますが、身長を伸ばす方法を考える時にヒントにはなりますね。子供の骨の先端部分には骨端線と呼ばれる軟骨部分があります。この骨端線が骨を伸ばして成長し、結果的に子供の身長は伸びていくのです。しかし、この骨端線は年齢とともに急速になくなっていきます。軟骨ではなく硬い骨になってしまい、それ以上の成長は望めなくなります。それが成長期と呼ばれるものです。

 

骨端線の動きをもう少し詳しく見てみると、成長ホルモンのことは聞いたことがあると思いますが、成長ホルモンが直接骨端線に働きかけるわけではありません。その間を仲介するものがソマトメジンCと呼ばれる別のホルモンです。ソマトメジンCは成長ホルモンによって肝臓内で生成されます。このことから身長が伸びない原因の一つとして、肝臓の異常があるのです。また、そのための十分な栄養が必要となります。

 

同じ子供であっても、女子と男子では年齢的に伸びる時期が違います。女子は小学校高学年から中学校にかけて成長のピークとなりますが、男子は2,3年遅くピークを迎えます。女子の方が早く成熟すると言うことになりますね。もちろん、個人差がありますから一概には言えませんが。